踏み倒しはいけません。

お金を踏み倒すな

世の中にはお金を借りておいて踏みたおす輩がいます。
人間借りたものは必ず返さなければなりません。そうでなければ、信用を無くしてしまいます。
お金は借りると返す人ってどのくらいの割合でいるのでしょうか?

 

今まで仲の良い友人や知人、兄弟にお金を沢山化してきましたが、一円たりとも催促せずに
帰ってきたことはありません。ひどい人になると、少額借りておいて最初だけは信用を集めるために、
返済期限までに耳を揃えて返します。

 

しかし、頃合いを見計らって大金を貸してくれとせがんできます。
そして借りられたらもう返済はしません。金はいつまでも戻ってこないことになります。

 

もちろん契約書、借用書などは作っていません。しかし作らなければいけないと思いました。
高額なお金を貸し借りする時は、絶対に借用書を作っておく必要があります。
しかしそれでも、相手に返済能力が無ければ踏み倒されてしまえばオシマイです。
自己破産することも考えられるので、本当にあげてもいいのでなければ貸してはいけません。
絶対に返ってきませんから。

 

そう考えると友達にお金を貸してくれと頼む人は考えものです。
自分が逆の立場だったらどの面下げて頼んでいいのかわかりません。
しかも大して中が良くなかったりします。
結局どうでもいい奴だと思われてるので踏み倒してもいいやなんて思ってかりるのでしょうね。

 

私は現在、大手の総合商社に勤めるサラリーマンです。仕事は非常に安定していて世間では
羨ましい立場にあります。30代前半にして年収は750万円とそこそこ貰っています。
まだ独身でありますが、条件的にも恵まれているので結婚相手にも困りません。

 

しかし私には大きなデメリットというか、欠点があります。それは借金をたくさん抱えていると言うことです。
私の趣味はギャンブルでギャンブルなしでは生きていけません。

 

ギャンブルも色々あって、競馬、競艇、競輪、カジノ、パチンコ、パチスロ、麻雀など
いろいろやっています。
また年に2,3回まとまった休みが取れる時期にはマカオやラスベガスのカジノに行ってきます。
ラスベガスやマカオには魔物が住んでいます。気が付くと文無しにされて丸裸でした。

 

そんなギャンブル依存症のために今抱えている借金は600万円にも登ります。
月に20万円返済舌としても4年程かかってしまうほどの金額です。

 

月に20万というと私の手取りの半分程になるわけです。ということは私は半分は返済のために
働いているということになってしまいます。

 

でも出来ることならば借金返済のためではなくてもっと有意義な理由で働きたいものです。
しかし自業自得というやつでしょうがないですね。

 

任意整理 体験談

続きを読む≫ 2014/04/07 09:04:07